太陽礼拝108回

 

 太陽礼拝祭り

 

太陽礼拝54回half90

 太陽礼拝27quarter70
  
太陽礼拝108回full120


 
ペルヴィス忘年会(予約制)

 

 

太陽礼拝とは…
太陽に向かって礼拝する一連のシークエンス。体全体を温め、脂肪を燃やし、固くなった筋肉・関節をほぐして、血行が良くなり代謝があがります。太陽の光に感謝しながら、新しいエネルギーを取り入れましょう♪

大晦日の除夜の鐘は、108回つくのがならわしですが、これは108ある人間の煩悩を除去するためというのが通説です。

ほかに、1年の12カ月と24節気、暦の季節的な分け方である72候をすべて合計した数であるとか、四苦八苦を取り払うということなどとも言われています。大晦日の夜、厳かに響き渡る除夜の鐘を聴きながら、一年を振り返り反省するとともに、新しい年にむけて決意を新たにする人は多いのではないでしょうか? そんなヨガの太陽礼拝でも行う108という数の不思議とはまだまだ沢山あります。

★煩悩の数★数珠の玉の数 ★野球の硬式球の縫い目
★108歳祝いは茶寿★・・・ちなみに大仏のパーマも108粒です♪
太陽礼拝を通じて、太陽だけでなく、自分自身に感謝する時間や改めて家族、周りの人達、自然や地球、大きなものと繋がっている感覚、感謝の気持ちを思い出す時間になれば幸いです♡
 
 
 

サンスクリット語で”スーリャ”は”太陽”、”ナマスカーラ”は”崇拝、礼拝”という意味です。”スーリャナマスカーラ”とは、”太陽礼拝”という意味になります。一連の動きは、太陽そのものを崇め称えるとともに、ミクロコスモス(小宇宙)、マクロコスモス(大宇宙)レベルでの合一を象徴しています。ヨーガでは、太陽礼拝を行じることにより、私たちのうちなる太陽的な側面を呼び起こし、その生き生きとしたエネルギーを自身に解き放つことにより、さらなる高次の意識を開発して、生命力を活性化させます。


 

 

チャクラとは…
身体の中心線上に並ぶ生命エネルギーの出入口。大きくチャクラは7つ存在します。身体と精神(心)を結びつけ各器官・内分泌系(ホルモン)の働きに関与して心のバランスを整えます♪

 

 

人間の生命や肉体、精神をコントロールする重要なエネルギーチャクラ(車輪)を少しづつ理解することから始めていきます。各チャクラを活性化して、スピリチアルの素晴らしさを学んでいきます。静かに“いま”という瞬間を感じ瞑想に入ります。自分への理解を深め、心地よい時間を体感してください。

 

1チャクラ

チャクラに興味ある方・怒りっぽいな~と感じる方・夜型の方・いつも不安な方・地に足つけたい方・安定感ほしい方

 

2チャクラ

男性女性性のバランスよくしたい方・慢性腰痛の方・婦人科にかかる方・トラブルある人・嫉妬深くなってしまう方・人に流されたり、振り回される方

3チャクラ

代謝悪い方・ストレスが溜まってる方・プレッシャーがかかると胃が痛む方・自信が持てない方・物事を終われない方・よくばりな人・決断力ほしい方

 

4チャクラ

過去にトラウマがある方・優柔不断になりやすい方・孤独を感じる方・問題事を先送りしてしまう方やさしい気持ちになりたい方には

 5チャクラ

のどの不調ある方・首が凝っている方・言いたいことが伝えられない方・会話や人前で話すのが苦手な方には是非!

 

 6チャクラ

集中力がない方・頭痛のある方・考えすぎてしまう方・寝つき悪く不眠症の方・直観力つけたい方・芸術的感性を磨きたい方

 

 7チャクラ

傷つきやすい心を持っている・精神的にトラブル抱えている方・目に見えるものしか信じれない方には受けていただきたいレッスン★




ヨガで一番大事なのは、呼吸です。

心と身体は別のものではなく、ひとつのものです。

内側からのエネルギーを感じて心と体をひとつに結びましょう。

その心と身体をひとつに結びつける橋渡しが《呼吸》です。

   

最終的には《サマディ》という悟りの境地に持っていくことが

目的であり、この地球の大自然と人間の調和がヨガなのです。